Home / Series / MIX / Aired Order / Season 1 / Episode 8
Home / Series / MIX / Absolute Order / Season 1 / Episode 8

うちのお兄ちゃん

練習が早く終わった投馬が家に帰ると、南郷が一緒について来る。毎度立花家に酒を飲みに来る大山に、メシを食わせてやるから先に行って待っているようにと言われたそうだ。大山の文句を言う投馬に、南郷は「監督の悪口は言うな」と怒る。かつて南郷は大山に命を助けられたらしいが、投馬と音美は全く興味を示さない。そんな話をしている間に天気は崩れて雨が降り出し、投馬たちの両親から「帰りは遅くなる」と連絡が入る。その頃、雨の直撃を受けてずぶぬれで自宅に帰宅していた大山は、南郷を立花家に誘ったことなど忘れていた。一方、雨を避けてファミレスに避難していた走一郎は、音美をライバル視する三田亜里沙と遭遇。同じファミレスで雑誌取材を受けていた亜里沙の兄・三田浩樹が、昨年の甲子園ベスト8の東秀高校のエースだと知る。どうやら三田は、立花兄弟のことを知っているようだった。しばらくして、強豪校の東秀高校が低迷する明青学園に練習試合を申し込んできた。不思議に思う投馬だが、妹思いな三田を感じていた走一郎は、三田亜里沙が音美への対抗心から兄貴対決でポイントを稼ぐために頼んだのだろうと気付く。とにかく立花兄弟にとっては、超高校級のピッチングを体験できるチャンス。それでも投馬は三田が格下相手に本気で投げてくれるかと心配するが、走一郎は可愛い妹が観ている前で手を抜くわけがないと確信していた。実際に三田は本気のピッチングを見せる。その様子に気をよくして自慢する亜里沙と何も言えない音美。明青学園の先発は三年生の武下。大山は打者一巡ごとに投手を変える作戦を立てるが、あっという間に先制点を許す。二番手の高岡も四球を連発し、無死満塁で投馬が登板。半ばやけ気味で一球目を投げる投馬だが、偶然のトリプルプレーでピンチを切り抜ける。次の明青学園の攻撃で走一郎に打席が回ってくるとあっさりと打ち上げてアウト。しかし東秀の監督は、初めて見る三田の球を外野まで飛ばしたことに驚く。続く投馬もファールで粘るが、誤審のストライクで打ち取られてしまう。だがそれを利用してやり返す立花兄弟。一度ストライクと判定したコースをボールに変えることはできず、東秀レギュラーから連続三振を取る。そして打者一巡しても一本のヒットも許さない投馬の様子に、そのまま続投させる大山。投馬のピッチングに東秀高校の監督にも変化が。音美の前で投馬の快投はまだまだ続く!

English français 한국어 português 日本語

Missing Information

TheTVDB is an open database, meaning that if information or images are missing, you're welcome to log in and add the information yourself.

  • This episode has no parental guideline.