Home / Series / 金田一少年の事件簿 / Aired Order / Season 2 / Episode 2
Home / Series / 金田一少年の事件簿 / Absolute Order / Season 1 / Episode 150

「香港九龍財宝殺人事件」File.2

 スープを飲んで絶命したチャン。はじめは日本の剣持(けんもち)警部に連絡し、調べて欲しい人がいると頼む。キムは犯人と疑われた時に庇ったはじめたちをホテル近くの自宅に案内。キムは韓国からの留学生だった。はじめたちが部屋からレーザーショーを観ていると、キムが上の階にいる李に気付く。はじめたちは李のいる部屋に行くと、そこではシンが頭から血を流して撲殺されていた。  この後、アイビーが九龍城出身だったと判明。チャンもシンも九龍城出身だった。アイビーによれば、ドラゴンアイは文字通り、九龍城にあった龍の像の目の部分。そのドラゴンアイを奪ったのが九龍皇帝と呼ばれた王龍(ワン・ロン)だった。ドラゴンアイはワンが取り出してから行方不明だという。  その時、はじめのスマホに剣持、明智(あけち)警視から連絡が入る。瀧川と李は香港出身で、2人は20年前に日本と台湾に行ったという。話を聞いたはじめは2人とも九龍城出身だと考える。はじめがキムも九龍城出身と勘繰ると、キムはワンの息子だと打ち明ける。シンは20年前にワンを殺害した3人の犯人の内の1人だった。ワンは死ぬ間際に「毒龍が目覚めたら、みんな死ぬ」と言い残したという。  翌朝、ランが何者かに誘拐された事がわかる。李は自分がワンの息子だとはじめに打ち明ける。李はキムの兄だった。ワンは香港政府と九龍独立の交渉をする切り札としてドラゴンアイと交換に毒龍を手に入れたという。その矢先に殺害されたワン。毒龍は20年前にロシアから消えたスーツケースサイズの核爆弾だった。ドラゴンアイはすでになく、李の特殊任務は爆弾

Deutsch English 日本語 한국어 大陆简体