Home / Series / 金田一少年の事件簿 / Aired Order / Season 2 / Episode 8
Home / Series / 金田一少年の事件簿 / Absolute Order / Season 1 / Episode 156

「錬金術殺人事件」File.3

 繭村を皮切りに蛍、鬼沢、不二森が惨殺され、疑いは蛍の部屋にいた玲香に集中。皆は玲香の部屋(79号室)に集まり、玲香をヒモで縛り上げて身動きできない状態にする。この時、はじめは美影が恐怖に怯えている事に気付く。今回の事件には蛍の部屋(50号室)の密室殺人、不二森を除く3人を殺害した凶器の消失という2つの謎があり、はじめと美雪は玲香にかけられた疑いを晴らすため、部屋に戻った皆から話を聞く事に。最初にはじめたちは美影の部屋(24号室)を訪れ、犯人に狙われているのかと美影に探りを入れる。はじめは動揺する姿を見て、美影が殺害された被害者たちの共通点を知っていると確信。美影は慌ててはじめたちを部屋から追い出し、その際に「夕凪」という名前を口にする。  次に訪れたのは園光寺の部屋(12号室)。はじめはこれ以上犠牲者を出さないため、夕凪という人の事を教えてほしいと頼み、園光寺は2年前に自殺したアイドル、夕凪はるかについて語り始める。当時16歳だったはるかは業界が注目する金の卵で、映画の主演も決まっていたという。自殺の理由は違法の薬物をやっていたからだった。今回の事件に自殺したはるかが関係していると突き止めたはじめ。だが、殺害された4人とどんな繋がりがあるかはわからないままだった。  最後にはじめたちは神丘と一色から話を聞く。一色は天才物理学者、絵崎の娘だが、自分は部外者だと訴える。神丘も今回の事件に関係ない部外者と主張するが、はじめは繭村と関係があったはずと指摘。はじめは夕食の時、神丘が繭村にこっそりお金を渡す場面を目撃していたのだ。神丘は観念

Deutsch English 日本語 한국어 大陆简体