Home / Series / 金田一少年の事件簿 / Aired Order / Season 2 / Episode 6
Home / Series / 金田一少年の事件簿 / Absolute Order / Season 1 / Episode 154

「錬金術殺人事件」File.1

1 2 3 Previous Next  金田一はじめは番組「財宝を探せ!」の参加者の1人として絶海の孤島、恋琴島にやってくる。参加者はタレントの深森蛍、お笑いタレントの赤柴大樹、高校生クイズ王の一色理科子、エリート大学生の神丘風馬、アイドルの速水玲香の面々。このロケにはリポーターの谷河クリスティーナ、玲香と蛍のマネージャーの美影紗月、プロデューサーの園光寺忍、ディレクターの鬼沢龍子、ADの繭村拓也、カメラマンの不二森映、そして七瀬美雪もADのアルバイトとして同行していた。  宿泊する錬金術館に到着後、鬼沢は財宝について説明する。番組で探しに来たのは恋琴島に眠ると言われる時価4億円、重さにして966㎏の金塊。それを隠したのは館の主でもある天才物理学者の絵崎蔵人。晩年、彼は館にこもって錬金術を研究し、極めた頃に忽然と姿を消したという。この後、部屋割りのため、園光寺は繭村にくじを作らせ、年齢が若い玲香から順番に引いていく。部屋の番号は飛び飛びになっていて、玲香は79、美雪は47、はじめは26、一色は13、繭村は82、蛍は50、神丘は29、赤柴は22、谷河は28、美影は24、不二森は25、鬼沢は30、園光寺12の部屋に決まる。  この後、美雪と繭村は1階の大広間に残って番組で使うくす玉を作る。皆は2階にある各自の部屋で夕食まで自由に過ごす事に。各部屋の扉は金属の一枚板でできていて、厚みは約2.5㎝。扉にノブはなく、内側にかんぬきの鍵が付いていた。夜、皆は食堂に集まって夕食を食べる。それは番組の収録も兼ねていた。そして深夜3時…。繭村は部屋(82号室)の扉を誰かがノックしている事に気付く。扉を開

Deutsch English 日本語 한국어 大陆简体