Home / Series / 金田一少年の事件簿 / Aired Order / Season 2 / Episode 18
Home / Series / 金田一少年の事件簿 / Absolute Order / Season 1 / Episode 166

「飛込プールの悪霊」

 中学3年の夏休み、はじめと美雪はフドウスイミングスクールのプールにいた。ここは美雪が小学生の頃から通っているスクール。カナヅチのはじめは水泳大会に向け、美雪から水泳の指導を受けているのだ。そこに美雪と顔見知りの先生、早宮葵が現れる。丁度プールでは中学生の潮美波留、虹枝光世、水樹流奈が高飛込みの練習をしていた。美波留は飛び込み台からひらりと宙を舞ってプールに着水し、続いて光世も同じようにプールに飛び込む。はじめは美波留の方がきれいなジャンプだったと感じるが、全国有数のレベルを誇る水泳部がある不動体育大学付属高校への推薦を勝ち取ったのは光世の方だった。  この後、美波留の悲鳴がプールに響く。光世が美波留の水着を破いたのだ。光世はボロい水着を着て貧乏ぶっているからトドメを刺したと言い放つ。そして光世は弁償すると言って自分用に買った新しい水着を美波留に投げつける。はじめが驚いていると、流奈は2人が昔は仲が良かった事を明かす。美波留は本来ならスクールに通う余裕のない小さな米屋の娘。幼馴染みの光世が美波留をスクールに誘い、最初は美波留の授業料まで光世の親が支払っていたという。だが、推薦の話が持ち上がってから2人は露骨に対立するように。今は援助もなくなり、美波留はスクールの掃除のバイトをして授業料を免除してもらっているという。2人の関係が悪化したのは飛込プールの悪霊の呪いと疑う流奈。昔、この飛込プールで自殺した女の子がいたらしく、今も夜になると女の子の霊が現れると噂になっていた。  後日、はじめと美雪がプールに来ると、すでに美波

Deutsch English 日本語 한국어 大陆简体