Home / Series / 金田一少年の事件簿 / Aired Order / Season 2 / Episode 20
Home / Series / 金田一少年の事件簿 / Absolute Order / Season 1 / Episode 168

「剣持警部の殺人」File.2

 ホテルのバスタブで魚崎の遺体が発見される。魚崎は身動きできない状態で溺れていく恐怖を味わいながら息絶えていた。魚崎の死亡推定時刻は午前6時から8時の間。毒島が魚崎に電話したのは午前7時頃で、はじめはその時に犯人が犯行に及んでいた可能性もあると考える。はじめは多間木が次に狙われると危惧。しかし、父親が自宅の警備を強化し、学校の送迎は湖森がやる事になったらしく、多間木は毒島、魚崎とは違うと言って強がる。はじめは剣持の妻、和枝を訪ねて3年前の事件について聞く事に。当時、剣持はボランティアで剣道の先生をやっていて、まりなはその時の生徒だった。  次にはじめは青井から話を聞く。結婚の約束をしていた青井とまりな。監禁されていたのは受験勉強用に毒島の親が借りたアパートで、多間木と魚崎は毒島に強要されたと供述したという。この後、はじめは明智に呼び出され、魚崎の遺体が発見されたホテルの防犯カメラの映像を確認。映像には魚崎を脅しながら歩く帽子、マスク、コート姿の男が映り、男が被っているのは剣持の帽子だった。明智は個人的には剣持を信じていたが、剣持を魚崎殺害事件の容疑で全国に指名手配する。そんな折、入院中の毒島の携帯に死刑執行人と名乗る人物からメールが届く。それは「隠れてもムダだ。警察には俺の息のかかった人間はいくらでもいる」という脅迫状だった。毒島は狼狽えて病院から飛び出していく。  はじめは湖森を訪ねて3年前の事件の事を聞く。結果として転落死したまりなだが、実質上、殺人に近いというのが当時の論調だったという。それ程、まりなが受けた暴力

Deutsch English 日本語 한국어 大陆简体