Home / Series / serial experiments lain / Aired Order /

All Seasons

Season 1

  • S01E01 Layer:01 WEIRD

    • July 6, 1998
    • TV Tokyo

    「どうして来ないの、 こっちへ来ればいいのに」 雑居ビルの立ち並ぶ夜の街、ビルの屋上から一人の少女が身を投げそして彼女の肉体はこの世から消えた。 暫く後、自殺した筈の少女からメールが届く、そんな噂が広がっていった 岩倉玲音、14歳の内気な少女、この物語の主人公。 メールは彼女の元にも届いてた..... 「ここには神様がいるの」 「はやくこっちへきて」 ......今は知らない、「向こう側」から玲音にそう語りかけてくる。 普段は立ち入らない様々なNAVIが並ぶ父親の部屋で、新しいNAVIをせがむ玲音 「やっと興味がでてきたのか、でも、急にどうしたんだい?」 「会いたい友達がいるの。」、父はNAVIに向かっていて玲音に興味はしめさない... 霧の中の線路、そこに飛び込む少女、叫ぶが声にならない、電車が通過して....。 気が付くと教室だった、黒板に浮かび上がる文字、「早くワイヤードに来てー」 暫し後に、すぐに文字は消えて.... 学校の帰り道いつもと変わらない風景、の筈だった。 玲音の目の前には死んだ筈の「四方田千砂」が立っていた、「千砂ちゃん....そこ、どこ?」玲音の問いに答えずに消えて行く千砂、「待ってよ....」、もうそこには人影は無かった。 「リアルワールド」と「ワイヤード」、その境界に玲音は足を踏み入れた。

  • S01E02 Layer:02 GIRLS

    • July 13, 1998
    • TV Tokyo

    「何を恐がっているの、 ちょっと試してみるだけでいいのに」 クラブ「サイベリア」一人の少年がスマートドラッグの一種「アクセラ」を服用している、そこには玲音のクラスメイト達、そして普段からは考えられない表情で怒鳴り散らす「レイン」がいた... NAVIに向かって話す玲音、それを冷やかに見る姉の美香、 「誰か来てるかと思った、玲音の空想の、お・と・も・だ・ち、とかね...」 そのまま去る美香、玲音は.... 翌日、昨日の夜サイベリアにいなかったかと、尋ねられる玲音だが、 もちろん知るよしも無い、ありすの仲裁もあってその話題は終わるのだが、 これがキッカケで「サイベリア」に誘われる玲音、あまり乗り気ではなかったが強引に行く事になってしまう。 学校の廊下を歩く玲音、死んだ筈の少女と亡者の列が目の前に現れる.... ゆっくりと近づき玲音の体を通りすぎる少女、何も出来ずに、ただその場に立ちつくすしかなかった。 届いていた新型NAVIのセットを父親に頼む玲音、「はなしかけてごらん」 キョトンとした表情でNAVIに向かって話しかける玲音、「ハローNAVI」 メールのチェックをしていると、携帯NAVIが鳴る あまり気乗りではないが、玲音はサイベリアに向かう事になる サイベリア内で、昨日の自分にそっくりの人について尋ねていると。突然銃声が鳴り響く、 アクセラを服用していた少年が銃を片手に立ち尽くしていた。 逃げ惑う人々、何故か玲音はその場に立ち尽くす、「何してんだよ!あの娘」 ありすがかけつけるが、玲音は動かない.... その少年と目線が合う、途端に怯えだす少年、どうやら玲音を

  • S01E03 Layer:03 PSYCHE

    • July 20, 1998
    • TV Tokyo

    「レインってこ聞いた事あるでしょ? ワイヤードのレイン」 発砲事件に巻きこまれ、警察での事情聴取を終え帰宅した玲音。 だが家には何故か誰もいない.... 深夜にふと目をさました玲音は、居間を寝室を廻ってみる。だがやはり家には自分以外は誰もいなかった。 翌日昨日の事を母に問おうとしたが、結局は何も聞けなかった.... 「いい、やっぱり。」 登校途中、黒服の男が玲音をみている、監視している様でもある。 たまらずに、走り出す玲音。 学校の話題は発砲事件でもちきりだった。皆の現実感の無さを心配するありす、 「たしかに昨日私たち、そこにいたけどさ、何かリアリティが無かった気がする」 玲音の下駄箱に茶封筒が入っていた、ラブレターだと騒ぐ少女達、 だが中には一枚のチップがはいっていた、「なーんだつまんない!」。 帰宅途中にチップを見つめて、突然呟く玲音「プシューケー...」 サイベリアでタロウ達に、「プシューケー」について尋ねる玲音、 去ろうとする玲音を呼びとめるタロウ、彼はWIREDで玲音に会った事があるという、 そして、今とは性格がまったく違っていたとも...。 姉の美香がふと、玲音の部屋をのぞくと、 スリップ一枚でNAVIを改造する玲音... 「何やってんのよ...玲音」 「静電気がまずいんだって、  服は脱いじゃった方がいいみたいなんだ」 「バッカじゃないの....」 ふと顔を上げる玲音、クローズアップして.... 「お帰りお姉ちゃん」

  • S01E04 Layer:04 RELIGION

    • July 27, 1998
    • TV Tokyo

    「親なんていらない。 人間なんて、たった一人なんだよ 誰とも繋がってなんか、ない」 玲音の部屋、NAVIが増殖している、それを見つめる父親。 WIREDで怯えながら逃げる少年、振り向くと幼い少女が笑っている、 「ガッチャ!」、少年の絶叫がこだまして... 学校で自殺の事について話しているありす達、 玲音も少し明るくなった様だが... ありすはの表情は何故かさえない。 帰り際、NAVIを改造したいので、先に帰ってもいいかと尋ねる玲音。 「いちいち断らなくても、いいけどさ。」、「うん」駆け出す玲音。 ありすが心配そうに呟く、「たしかにあの娘、かわってきた....」 サイベリアのブース内、「JJ、ガキンチョ達がはまってるNETゲーム知ってる?」 「あーファントマね、よしなって、あんたみたいな大人のやるものじゃないよ」 「なあ、レイン。」、振り向くともう、そこには誰もいなかった。 WIREDのファントマ内で逃げ惑う少年に話しかけるレイン、 だが少年は怯えるだけで耳をかさない、そして... リアルワールドの病院の屋上、放心した少年の傍らで、 少しずつ幼女の血に染まっていくシーツ... それを悲しそうに見つめる、光り輝く「lain」 父親がWIREDとリアルワールドについて、玲音に語る。 だがレインは微笑を浮かべながら、穏やかに反論する.. 「心配しないで、私は私だから。」 「そうかな...」、部屋をでる康夫。 ふと赤い光点が部屋をよこぎる、 窓の外で黒服の男達が玲音を監視する様に立っている。 怒りに震えるレイン、「あっちへいけ!」 謎の衝撃が黒服を襲う! 「Intruder interupted...」

  • S01E05 Layer:05 DISTORTION

    • August 3, 1998
    • TV Tokyo

    「もしそれが聞こえているなら、 それはあなたに語りかけている。 もしそれが見えるなら、それは、あなたの....」 デウスが玲音に人間について語る、 玲音が尋ねる、「あなたは誰..?」 「僕は...神様だよ。」 男の部屋でワイシャツのボタンをつける美香 男を無視して、そのまま部屋をでていく そして、気だるそうな表情で、 街の雑踏の中でため息をついている。 街を歩く美香、ナンパしてきたタロウに、ジュースをかけられる。 しかたなくティッシュを取り出すと、そこには謎のメッセージ... 人々がざわめいている、ふと見ると交差点の真ん中で、玲音が立ち尽くしている 「何なのアイツ!」、去ろうとする美香、ふと上の大型モニターを見上げる、 そこには玲音が映っていた...... 学校で昨日の件についてありす達に聞かれる、しかし玲音は知らない... ありすの元にも、似た様なスパムが来ていた、 「聞いたんだけど、これもたぶんナイツの仕業じゃないかって。」 街を何かから逃げる様に、さまよう美香、「預言を実行せよ。」 帰宅した美香、だがそこには自分がいた、 興味なさそうに、美香を見ている美香、 「どうしたの?」玲音が尋ねると、 もうそこには美香は一人しかいない。 部屋でNAVIに向かう玲音。 「今日は誰?」

  • S01E06 Layer:06 KIDS

    • August 10, 1998
    • TV Tokyo

    「人と人が繋がれば、 微か声だって大きくなるわ、 人と人が繋がれば、 命だって長くなる、だから..」 玲音の部屋、増殖したNAVI、 恍惚した表情で、NAVIに向かう玲音。 WIREDでナイツと話す玲音、 「ありがとうナイツのみんな...」 最近また戻ってしまった玲音を心配したありす達、 「でも一人じゃないよ、皆がきてくれるの、  あ、私がいくのかな...」 街を楽しそうに歩く玲音達、ふと横を見ると、 こども達が上空を見上げて手をかざしている、 すると...雲が割れて光がさし、人形が現れる、 それは...玲音!動揺するありす達、 考えこむ様に玲音の表情が変わる.... WIREDを歩くレイン、普段と違う、強い意思の表情。 K.I.D.Sの考案者ポジソン教授に会い、事の真相を聞くレイン。 部屋に帰ってきたレインだが、また黒服が現れる。 表にでて問い詰めると、レインの部屋で爆発音が! これはナイツの仕業だといい残し、黒服は去って行った。

  • S01E07 Layer:07 SOCIETY

    • August 17, 1998
    • TV Tokyo

    「そっとあなたにだけ、教えてあげる。 あなたが知らないだけで、 この社会で何が起こっていて、 何が進んでいるのかを」 玲音の部屋、既に工事は終わっていた。 WIREDで誰かと話している玲音を美香がうつろな顔で見ている 声をかけるが反応が無い、そのまま去って行く美香.... 「お姉ちゃん、最近変わちゃった」 デジタル機器を背負った異様な格好の男、 ぶつぶつと喋りながら街を歩いていく..... エリート風の男のNAVIのモニタ、そこにナイツの紋章が浮かび上がる... 「今度は何をして遊ぶんだい。」 学校の屋上で呟く玲音「リアルワールドなんて、ちっともリアルじゃない」 そんな玲音を心配してくれたありすに素直に感謝の気持ちを伝える玲音。 「友達、でしょ」、晴々とした笑顔でありすを見送る玲音。 WIREDでナイツがレインを狙っているという噂が流れている...... 団地で若い主婦が配達された基盤を見てる、そこにはナイツの紋章が、 「ワイヤードはリアルワールドと一緒なのよ...」 黒服の男たちに請われて、橘総研に向かう事になった玲音。 そこで生い立ちや家族について問い詰められる...レインに変わる! ワイヤードと現実の境界の崩壊を危惧する男 彼に背を向けて部屋を出ようとすると、 「危険なのは君自身だ」 そのまま橘総研を去るレイン 「彼女の言う通りだ、面白い事が始まるのだよ、黙って見ていればいい...」 ナイツの主婦が仕事を終えて、焼け焦げた基盤を捨てている ゴミ捨て場にナイツに入りたがっていた、異様な格好の男が倒れている そのモニターに浮かび上がるナイツの紋章......

  • S01E08 Layer:08 RUMORS

    • August 24, 1998
    • TV Tokyo

    「あなたも傷つきたいの、 心を鑢にかけられる様な思いがしたい、 だったら、絶対に目を背けないで」 WIREDで神について、タロウと話すレイン、 タロウは神様の存在なんて、自分達には関係ないと言う。 プロトコル・セブンと橘総研に関する情報を得たレインは リアルワールドに戻る.... 美香は精神に変調をきたしていた、 父と母が玲音に向ける表情はい...家族のそれでは無かった。 玲音は覗き屋という噂が学校で広まっていた 冷たい目線の中、ありすだけは玲音を信じるというが.... 「私の知らない私が、WIREDで何をしてるの...」 泣き崩れる玲音、周囲の壁が燃え上がり.... しだいに、境界が崩れ始めていく。 WIREDでデウスと話すレイン 自分の部屋で教師との妄想に浸るありす...その後でニヤニヤとlainが笑っていた lainを問い詰めるありす、だが悪魔的なその表情には悪びれた様子など無い 家で震えながら泪を流す玲音、WIREDでは、レインがlainを攻める、 「あんたは私じゃない!」、「だってぇ、私は私じゃない」.....。 レインは皆の記憶を書きかえる事にするが..... 校門でありす達が手をふって、玲音を呼んでいる 「忘れてくれたんだ..」、振りかえり駆け出そうとすると... 違う自分がそこにいて、親しそうにありす達と歩いていく。 「私は私だよ!」、そう叫ぶ玲音に、もう一人の自分は言う、 「そうだよ、玲音はレイン、あたしはあたし」 意地の悪い笑顔を浮かべて消えるlain、ただ立ち尽くす玲音... 増殖したNAVIが印象的な暗い部屋の中で呟く玲音 「私は私だよね、もう一人の私なんかいないよね....」、答えは返ってこな

  • S01E09 Layer:09 PROTOCOL

    • August 31, 1998
    • TV Tokyo

    「もしあなたが苦しみから逃れたいんだったら、 神様を信じる事ね。 あなたが信じようと信じまいと 神様はすぐあなたの側にいるのよ」 WIREDで様々な情報がとびかっている。 レインは自分を調べているが... サイベリアでJJが忘れ物だとチップを 玲音に渡すがまったく心辺りが無かった。 気になった事をタロウに聞く為に、 以前の約束を思い出して家に招待する事に。 自宅の部屋でタロウを問い詰めるレイン、その意志は強い 迫力に負けたタロウが話すには、自分はナイツの準構成員だと言う。 チップはナノメカニズムを利用して記憶を書きかえる為の物らしい、 暫くしてレインは玲音に戻る、タロウは去り際に ナイツはただのクラッカーでは無いと言い残し、 玲音にキスをして、部屋を出ていった..... 過去の記憶だろうか、黒服の男に家に連れてこられる玲音 そこには、家族が立っている....「こんなの嘘だよ....」 WIREDで地球と人類の事について情報が流れている、 「たった一つの真実、神様..」、「そう、僕だ..」 レインが振り向くとそこにはデウスが立っていた

  • S01E10 Layer:10 LOVE

    • September 7, 1998
    • TV Tokyo

    「たった一つの真実、神様」 デウスと話すレイン、神を崇める者達 ナイツを作ったのはデウスだという、 そして玲音にはもう肉体は必要ないとも.... 教室にはいる玲音、だがそこには自分の席は無い、 動揺する玲音に、ありすは.... 「もうあなたはリアルワールドには必要ないんだよ。」 一人、立ちつくす玲音。 家に帰って来たが、人気もなく家具が荒らされていた 部屋を片付けていると、父親が入ってくる、「ここでお別れです、玲音さん」 やはり玲音の家族は偽りだったようだ...だが去り際の康夫は玲音に.... 「家族ごっこが楽しかった訳ではない、だが私は貴方が好きだった....羨ましかったのかも知れない。」 憤怒の表情のレイン、神を崇める者達...ナイツ、 凄まじいパルスが流れて、ナイツを捜すレイン。 NETニュースにナイツのメンバーリストが流れる、 正体を明かされたナイツは世界中で狩られていく。 レインの元に黒服の男達が現れる、ナイツを狩り出してくれたお礼の様だ。 本来レインもあってはならない存在だと彼らは言う、神など必要ないのだと.... 黒服の男、ゴーグルをはづして玲音を見る、「私にはあなたが理解できない、 だが私はあなたが好きだ、不思議な感情ですね、愛というものは....」 一人残された玲音、デウスが現れて..... 「君を作ったのは僕だ、僕を愛して....」 怒りに震えるレイン、高圧電線がちぎれて、デウスも消える。 その中で一人たたずむレイン

  • S01E11 Layer:11 INFORNOGRAPHY

    • September 14, 1998
    • TV Tokyo

    様々な映像が流れている。 これは玲音の記憶だろうか、 それともWIREDの記録...。 虚脱した玲音にデウスが語りかける、 「君はプログラムなんだ、意志を持った...」 否定する玲音.....。 坂を下っている玲音の前に千砂とアクセラの少年が現れる 銃を玲音に渡して肉体を捨てる様に促すが...玲音は...。 部屋で樹里のメールを読むありす、「先生との噂も、嘘だってわかるから。」 読み終えて呟くありす、「嘘じゃないから....」 何時の間にか玲音?が扉からこっちを見ている、部屋には入ってこない。 ありすの噂を流したのは、自分で無い、もう一人の私だと言う 「それを無かった事にする、それが出来る様に頑張ったんだよ..」 消える玲音、恐怖に泣きだすありす、「こわい、こわいよ...」。 翌日の学校では、皆ありすの噂を忘れていた... ふと振り向くと玲音が立っている、無表情だ、「玲音、本当に...」 目線が合うと、ゆっくりと微笑んで、「玲音、わらった....」

  • S01E12 Layer:12 LANDSCAPE

    • September 21, 1998
    • TV Tokyo

    「なあんだ、世界なんて こんなに簡単なものだったの。 あたし全然知らなかった。 あたしにとって世界は ただ怖くって、ただ広くって、 でも判ちゃったら、なんだかとっても楽...」 玲音は何故か何時もより明るく、楽しそうだ 「どうゆう事なのよ、玲音..」 いぶかしむありす、その時携帯NAVIにメールが届く、 「きもちちがつたわればだいじょうぶ」 「きおくなんてただのきろく」 「いやなきろくなんてかきかえてしまえばいい」 動揺するありす「そんなのって...」 ノイズの中にレインが映る、 「人は人の記憶の中にしか実体なんか無い、だからいろんな私がいたの」 「私がいっぱいいたんじゃ無くて、いろんな人の中に私がいただけ」 サイベリアでタロウがHMD型のNAVIをつけ、突然笑いだす 「俺、天使とキスしたんだぜ」....心配そうにミューミューが見ている。 WIREDのNewsでアナウンサーが喋っている、「玲音を好きになりましょう」 玲音 レイン れいん lain 反復するメッセージ.... デウスが人について語る、「肉体も機関にすぎない...人は元々繋がっていたのさ」 坂の上に玲音が立っている、気持ち良さそうに風を受けている.... 電線の音も、人のざわめきも今は聞こえない、振り向いて.... 黒服の男達が黒沢と揉めている、「俺達ははめられたんだな?」「どこに逃げるっていうんだ!」 「そうだね、電話も電線も無くて、衛星がカバーしてないエリア...」そんな所がある筈も無い。 「デバイス無しで、リアルワールドとワイヤードを繋いでどうするんだ?」 「素敵な事が起こるのさ..楽しみじゃないか」、黒沢はその場を去る。

  • S01E13 Layer:13 EGO

    • September 28, 1998
    • TV Tokyo

    画面の中、玲音が語りかける、 「私って、私って、誰?」...暗転。 鉄の塊になって沈黙したデウス 泣き叫ぶありす、錯乱している... 「ごめんね..ありす..」、ありすを抱きしめながら、 玲音が選んだ事は... 「ALL Reset Return」 玲音のいなくなった岩倉家で家族三人が食事をしている、以前より暖かみを感じる食卓 美香も元気の様だ、ふと一つ空いた椅子を見る康夫、少し気になったが... いつもの道、電車、学校、風景、だが玲音はそこにはいない.... 校門で立つありすに、樹里と麗華が話しかける メールを送ろうと携帯NAVIを取るありす、誰に送るつもりだったか...思い出せない 死んだ筈の、四方田千砂も生きている.... 街を歩くタロウ達、タロウにメールが届く、一瞬玲音の顔が映る、「誰よ、この娘!」 嫉妬するミューミュー、タロウは知らないと言う、少し気になったがすぐ歩き出す... デウスだった者、英利がブツブツと喋りながら歩いている 「やめてやるあんな会社、この僕にあんな事を...ああ、やめてやる...」 黒服の男達や、アクセラの少年もここでは生きている.... きおくにないことはなかったこと、きおくなんてただのきろく きろくなんてかきかえてしまえばいい 皆の記憶から消えてしまって、一人泣く玲音 その前にれいんが現れて、WIREDとリアルワールドを語る.. 「玲音はどこにでも偏在してるもの、そう神様なんだよ。」 「神様になっちゃえば楽じゃない、人なんかよりずっと楽..。」 「もういい!」、れいんを否定する玲音 「じゃあ、あなたは何なのよ玲音」、消えるれいん.... 泣き崩れる玲音に暖かい光がさ